内村建設

内村建設 住宅

Creating an ideal house to consider
from your lifestyle and budget !

TEL099-227-9337

お問い合わせ

  1. ホーム
  2. スタッフブログ
  3. OMソーラーは足元から温める「床暖房」

スタッフブログ

OMソーラーは足元から温める「床暖房」

Jun 08, 2009

 「 床暖房 」 は、床面を温め、その輻射によって壁や天井などの表面温度を上げ、室内空気を過度に上げることなく暖房する「輻射暖房」です。人は寒さを感じると、人体幹部(頭、心臓、内臓など)を恒温状態に保つ作用が働きます。手のひらや足の裏は、それをいち早く察知する部位です。床暖房は、「頭寒足熱」を実現する、私たちの身体にやさしい方法なのです。

 床暖房は、床面を温め、室内空気を過度に上げることなく暖房する方法。

 一般の暖房機器の主流、エアコンやファンヒーターであります。これは、「温風暖房」と呼ばれる暖房法です。温風を勢いよく吹き出すことで、室内の空気を温め、また、空気を室内の中で強制的に対流させて暖房を行っています。

 一方、床暖房は、温水パイプや電気ヒーター、遠赤外線フィルム、温かい空気など、それらを床下に通すことで、床面を温め、その輻射によって、壁や天井などの表面温度を上げます。室内空気の温度を過度に上げることなく暖房するもので「輻射暖房」と呼ばれています。

 床暖房は、「頭寒足熱」を実現する、身体にやさしい暖房法

 人の皮膚は、寒さ・暑さを感じるコールド・スポットとウォーム・スポットを持っています。暑さに対して寒さは、約8倍のスポットを持っていまして、人は寒さに対して敏感に感じるようです。焚き火に手のひらをあてるのも、そこがスポットになっていて、脳に暖かいという信号を送る温度センサーの役割みたいなものをもっています。冷たい床面に接していると、体の芯まで凍えます。足の裏にスポットがあるからです。

 寒さに敏感なスポットをもつ足の裏が、温かな床面に接触しているということは、たいへん効果的であることが理解できます。

 人は寒さを感じると、頭や心臓や内臓などの人体幹部を恒温状態に保つ作用が働きます。手のひらや足の裏は、それをいち早く察知する部分にあたり、寒さを感じると血管を収縮させて、血液の流れを最小限にとどめ、放熱を防ごうとするのです。

 では、冷たい床ならスリッパをはけばと思います。もちろんそれもひとつの工夫ではありますが、実は、足元をスーッとなめるような冷気流がある場合には、今度は、足首のくるぶしセンサーが反応して、脳に信号を送ることになります。

 人の身体は、本当に精密にできていると思います。

 住まいの快適さの指標の一つに、「頭寒足熱」があげられます。たしかに頭のあたりだけがポカポカと暖かく、足のほうが寒いのが不快であることは、誰もが経験したことと思います。そればかりか、健康によくありません。床暖房は、これらのことから、私たちの身体にやさしい暖房方法と言えましょう。

Leave a comment




CAPTCHA


カテゴリー

最近のブログ

過去のブログ