内村建設

内村建設 住宅

Creating an ideal house to consider
from your lifestyle and budget !

TEL099-227-9337

お問い合わせ

  1. ホーム
  2. スタッフブログ
  3. OMの家づくりについて 3

スタッフブログ

OMの家づくりについて 3

May 29, 2010

 使い勝手のよさは、直接、心地よさに結びつくもの。

 使い勝手の良いように細部にいたるまで配慮されたつくりになっていることも、住み心地のよさに影響する大きな要素です。

 例えば、キッチンと他のスペースとのつながりは、使い勝手の良さが心地よさに直接結びつきます。

 動線が明快で合理的なつくり、作業スペースや収納スペースの広さ、大きさ、形、スイッチやコンセントの数と位置、家具や機器の納まり具合など、機能性を重視すれば使い勝手のよい空間をつくることができるでしょう。しかし、その一方でで、動線の合理性を優先させたために、家族間のプライバシーを確保できないといったことも生じます。動きの激しいスペースと落ち着きのほしいスペースの動線を混ぜないといった工夫も必要でしょう。

 どこにどもような配置がなされているかで、快適性の良し悪しが決まるものです。この細やかな作業がどこまでできるかは、設計者の見せどころであると同時に、施主が生活スタイルをどこまで整理し、考え、設計者に伝えているか、その間に生まれる設計者と施主との信頼関係によって、大きく異なってきます。

 お互いが、心地よい住まいをつくりたいというひとつの共通したテーマに向かう このことが家づくりの基本と思います。

 心地よい住まいをつくることをまとめると、次のようになるのではないでしょうか。

 ●  心地いい住まいづくりを握る

    ・通風と 換気  ・断熱(温熱環境) ・光(採光) ・周囲の環境との調和 

    ・機能性と雰囲気(気持ちよさ、ゆとり) ・防音

 ●  安全性と耐久性

    ・地震、風に耐える設計 ・雨を侵入させない設計 ・火災にも強い設計 ・シロアリを侵入させない設計

    ・腐らないようにする設計 ・修理、取替えができる設計 

    ・長い年月に耐用する。生活(ライフスタイル)が変わっても、将来の変化に対応できる設計。

 ●  気持ちよさ、ゆとりの設計キーワード

    ・光と影、 色、 形、 変化、 余裕、 遊び心、 楽しさ、 緑、 眺め、 シンプル、 こだわり

     五感にひびく    など

Leave a comment




CAPTCHA


カテゴリー

最近のブログ

過去のブログ